車はさすがに高い物になります。

動産と言う財産扱いされていることからもわかるように基本的には価値があります。

新車などは最低でも100万円以上は用意する必要があります。
日本独特の規格とされている軽自動車でもそれ以上にはなります。兎に角、税金や諸費用がかかりますから、色々な面で費用が嵩むことになる買い物です。

しかし、安く買う方法がないわけではないです。


それが中古車になります。

人が使った車ではありますが、気にしないのであれば問題ないです。また、状態がよい物をしっかりと選別できるのであれば、むしろ、非常によいか買い物となる可能性が高いです。


しかし、かなり注意するべき点もあります。それがまさに車の状態です。



素人であろうとある程度、判断ができないわけではないです。
見るべき所をキチンと抑えていれば、よい質の車を買うことはできます。



見るべき点とはエンジンであり、タイヤであり、シートです。


駆動部分なども見れるのであれば見たほうが良いです。その良し悪しの判断に自信がないのであれば、もう業者に任せたほうがよいです。

信頼の置ける業者であれば、基本的には問題ないです。

中古車屋の見分け方ですが、長く同じところで営業している販売店はよい事が多いです。あくまで多いだけですが、判断基準の一つになります。

教えて!gooについて悩んでいませんか。

或いは知人が中古車屋をやっているならば、そこにしたほうが安全です。

少なくとも相場よりは高く売られることはないからです。